韓国・起亜自動車(Kia Motors)は2018年9月8日、米国ニューヨークで開催されたファッションデザイナー、Brandon Maxwellの2019年春夏コレクションの会場で、新型SUV「Telluride」の特別仕様車を披露した。

 8人乗りのTellurideは、同社のSUVで最も大きく、7人乗りの中型SUV「Sorento」より全長が数インチ長い。2019年1月に開催される「デトロイトモーターショー」で正式発表し、米国ジョージア州のウエストポイント工場で生産する予定。

(写真:Kia Motors)
(写真:Kia Motors)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:Kia Motors)
(写真:Kia Motors)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発表した特別仕様車は、Brandon Maxwellの故郷であるテキサスをテーマにデザインしたモデルで、ダッシュパネルやドアパネル、グラブハンドルには天然木材の内装トリムとダブルステッチレザーの装飾が施され、ドアハンドルやサイドミラーにもレザーカバーが使われている。前後バンパーやスキッドプレート、サイドステップはカスタムデザインで、アルミと木材を組み合わせたルーフラック、265/50R20のオフロードタイヤ、後部ハッチのスペアタイヤなどを備えた。

(写真:Kia Motors)
(写真:Kia Motors)
[画像のクリックで拡大表示]