ヤマハ発動機は電動2輪車事業を展開する台湾ゴゴロ(Gogoro)と、協業に向けた検討を開始した(ニュースリリース)。電動2輪車の開発・製造委託とバッテリー交換システムの共用に関するもので、2018年内の正式契約を目指す。新たに開発したモデルを2019年の夏頃に投入する計画という。協業に当たっては、両社のビジネスパートナーである住友商事の協力を得る。

 今回の協業では、ヤマハ発動機がGogoroの市販車をベースとした「ヤマハ」ブランドの電動スクーターを設計し、生産をGogoroに委託する。さらに、ヤマハ発動機の現地法人であるヤマハモーター台湾(YAMAHA MOTOR TAIWAN)の販路を活用して完成車を台湾市場で販売する。

 ヤマハ発動機は、1966年に台湾2輪車市場に参入し、現在はヤマハモーター台湾が生産した車種を中心に年間29万台(2017年実績)を販売する。電動2輪車としては「E-VINO」を製造・販売し、日本にも輸出している。また、ヤマハモーターR&D台湾(Yamaha Motor R&D Taiwan)が台湾向けスクーターの開発も手がける。

 Gogoroとの協業によってヤマハ発動機は、エンジン車を含めてラインアップの拡充を進める。さらに電動車では、Gogoroが持つバッテリー交換拠点「バッテリーステーション」を活用し、ユーザーの利便性向上を図る。

 一方のGogoroは、2015年に同市場へ参入し、バッテリー交換式電動スクーターとバッテリーステーションを手がけている(図、ニュースリリース)。バッテリーステーションは台湾内の750カ所以上に設置され、2019年には1000カ所を超える見込み。既に1700万回以上のバッテリー交換実績を持つ。ヤマハ発動機との協業で、電動2輪車の生産を拡大させる。

図:Gogoroの電動スクーターと「バッテリーステーション」(出所:ヤマハ発動機)
[画像のクリックで拡大表示]
図:Gogoroの電動スクーターと「バッテリーステーション」(出所:ヤマハ発動機)