リコーは、同社が開発した「路面性状モニタリングシステム」の搭載車両が、土木研究センターが実施する「路面性状自動測定装置の性能確認試験」(以下、性能確認試験)に合格したと発表した(ニュースリリース)。同システムは、一般車両にステレオカメラを複数台搭載して、走行しながら路面性状を自動測定・分析する。ステレオカメラで構成するシステム搭載車が性能確認試験に合格したのは、同システムが初めてだという。

「路面性状モニタリングシステム」を搭載した車両(出所:リコー)
「路面性状モニタリングシステム」を搭載した車両(出所:リコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは、2016年7月から2017年8月まで、国土交通省や秋田県、秋田県仙北市と共に「路面性状モニタリング実証実験コンソーシアム」に参画して、実証実験を行っていた。同コンソーシアムでは、「一般車両へ搭載可能な路面性状計測システムの実現」と「撮影から計測結果作成までの業務プロセスの自動化・高度化」を技術開発指針とし、安心・安全な道路維持管理に向けて道路舗装の状態計測の頻度や範囲を従来よりも広げることを目指したとする。路面性状モニタリングシステムもこの方針を受けて開発した。

 路面性状モニタリングシステムは、ステレオカメラで路面の3次元画像と輝度画像を同時に撮影する。「ひび割れ率」を輝度画像の機械学習による機械判読で算出し、「わだち掘れ量」と「平たん性」を3次元画像から算出する。これにより、撮影から測定結果作成までの自動化と高度化を行い、効率的かつ網羅的に路面舗装状態を把握することができるとする。

性能確認試験の結果(出所:リコー)
性能確認試験の結果(出所:リコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の結果を受けて、リコーは、性能確認試験に合格している車両での測定が求められる公共事業の路面性状調査業務の実施が可能となった。今後、自治体が管理する市道の測定を受託するとしている。