トヨタ自動車は2018年9月12日、新型「レクサスES」にデジタル化したドアミラーを採用すると発表した。ドアミラー部分にミラーではなく小型カメラを搭載し、車両左右後方の映像を車内のフロントピラー下部に配置した5インチのディスプレイに表示する。

(写真:トヨタ自動車)
(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 右左折時や後退時には、ウインカー操作、シフトのリバース操作と連動して表示エリアを自動的に拡大する。また、ドライバーの操作で任意に表示エリアを広げることも可能。運転状況に応じて周辺確認を支援する。

(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:トヨタ自動車)

 ドアミラーよりも小さい小型カメラを採用することで、斜め前方の視界を広げ、風切り音を低減した。カメラ部分は雨天時に水滴が付きにくい形状となっており、雨天や夜間でも視認性が高いという。

(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:トヨタ自動車)

 電子ドアミラーはドイツ・アウディが2019年に発売する新型EV「e-tron」で採用することを発表している。新型ESは日本で2018年10月下旬に発売する予定で、量産車として世界で初めて電子ミラーを採用するモデルとなる。

(写真:トヨタ自動車)
(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]