測定誤差が±0.1℃と小さいデジタル出力の温度センサーIC
測定誤差が±0.1℃と小さいデジタル出力の温度センサーIC
[画像のクリックで拡大表示]

 米Texas Instruments(TI)社は、−20〜+50℃の温度範囲において測定誤差が±0.1℃と小さいデジタル出力の温度センサーIC「TMP117/TMP117M」を発売した(ニュースリリース)。−40〜+50℃の温度範囲における測定誤差は±0.15℃、−40〜+100℃では±0.2℃、−55〜+125℃では±0.25℃、−55〜+150℃では±0.3℃である。Pt(白金)を使った測温抵抗体(RTD)と同等の測定精度を実現できるという。さらに、医療用途向けのTMP117Mは、米国の国際標準/規格策定機関であるASTM Internationalが定めた電子医療体温計向け規格「ASTM E1112」や、国際標準化機構(ISO)の医療用電気機器向け規格「ISO 80601-2-56」に準拠する。2製品どちらも、体温計や環境監視機器、サーモスタット、ウエアラブル機器、アセット追跡用途、ガスメーター、熱メーター、試験/測定機器などに向ける。

 温度測定に向けたバイポーラー接合トランジスタやアナログフロントエンド回路、A-D変換器、シリアルインターフェース、制御ロジック回路、EEPROMなどを1チップに集積した。16ビット分解能の温度測定が可能だ。つまり1LSBは、0.0078℃である。再現性誤差は±1LSB(標準値)。長期間の安定度およびドリフトは±0.02℃(標準値)である。シリアルインターフェースは、I2CとSMBusに準拠する。単一のインターフェースで最大4つのデバイスに接続できる。EEPROMの容量は48ビットである。

 電源電圧範囲は+1.8〜5.5V。消費電流は、変換周波数が1Hzのときに3.5μAで、シャットダウン時は250nAである。RTDを使う温度センサーに比べると、消費電力を最大で95%削減できるという。パッケージは、実装面積が2mm×2mmの6端子WSONと、実装面積が1.0mm×1.6mmの6端子DSBGAを用意した。動作温度範囲は−55〜+150℃。すでに量産を始めている。1000個購入時の米国での参考単価は、TMP117が1.60米ドル、TMP117Mが2.44米ドルである。