NTT東日本は、センシング装置やネットワークカメラなどによって生産現場を可視化する工場向けIoT(Internet of Things)パッケージを、2018年11月21日から提供する(図、ニュースリリース)。生産設備の稼働データの蓄積や異常停止の早期発見を支援。生産性向上に加えて作業工程の見直しや技能伝承に利用できるとする。

図:工場向けIoTパッケージの概要
(出所:NTT東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 同パッケージは、センシング装置やネットワークカメラなどのIoTデバイスの他、データを可視化するためのIoTクラウドやセキュリティー対策、Wi-Fi構築、およびそれらの運用サポートを含む。センシング装置としては、積層信号灯に乗せるとその動作状況を自動で転送するパトライト(本社大阪市)の無線通信システム「AirGRID」を使う。

 AirGRIDにより、稼働時間や異常停止時間、生産数など製造装置の稼働状況を自動で収集。手書きの日報に比べて正確な稼働データを蓄積でき、稼働率の向上に向けたカイゼン活動に利用できる。異常停止時にはアラートで通知するとともに、連動したネットワークカメラで前後5分間の映像を記録。ユーザーは、チョコ停などにタイムリーに対処でき、現場巡回作業を減らせる。記録した映像は、異常の原因分析や、熟練作業員から若手作業員への技能伝承に役立てるといった活用が可能だ。

 AirGRIDやネットワークカメラで収集したデータはクラウド上に保存されるので、工場内にサーバーを設置する必要がない上、データを工場外から確認できる。さらにセキュリティー機器を使えば、クラウド上に収集データをアップロードする際の安全性を高められ、不正アクセスも防げるとしている。IoTゲートウェイとしてWi-Fiを導入することで、AirGRIDやネットワークカメラに加えて、スマートフォンやタブレット端末、デジタルサイネージなどもデータ入力機器として利用できる。

 同社は、初期設定から利用方法に関する問い合わせへの対応、設定変更、各種機器やネットワークのトラブルへの対応を一元的にサポート。さらに、IoTクラウドからCSVデータを抽出し、ユーザーにレポートとして提供する。このため、ITの専任者がいない中小の工場でも導入しやすいという。

 AirGRID一式とネットワークカメラ1台の場合の初期費用は132万円(税別)で、月額利用料は2万9900円(同)。同社は、中小工場における人手不足への対策としてIoTを活用した実証実験を実施した。その結果、異常停止へのタイムリーな対応などにより、年間で約120万円の利益増を実現できたことからIoTパッケージとしての提供を決めたという。