セキュリティー機能が豊富な「セルラーIoT」向けモジュール
セキュリティー機能が豊富な「セルラーIoT」向けモジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 ノルウェーNordic Semiconductor社は、LTE-M/NB-IoTを介して携帯電話ネットワークに接続できる「セルラーIoT」向け無線通信モジュール「nRF9160 System-in-Package(SiP)」の一般販売を開始した(ニュースリリース)。FCCやCE、GCF(Global Certification Forum)の認証を取得しているため、すぐにセルラーIoT端末に搭載できるとしている。具体的な応用機器としては、民生用ウエアラブル端末や、医療向けウエアラブル端末、アセットの監視/追跡、ユーティリティーメーター、産業用IoT端末、スマートシティー用IoT端末、スマート農業用IoT端末などを挙げている。

 発売したモジュールは、同社のSoC「nRF91 SoC」と米Qorvo社のRFフロントエンド回路などを1モジュールに収めたものだ(関連記事)。外形寸法は10mm×16mm×1mmと小さい。このモジュールに、バッテリーやSIMカード、アンテナなどを外付けすることで、セルラーIoT機能を構成できるとしている。

 nRF91 SoCには、LTE-M/NB-IoTモデムやGPSトランシーバー回路、SAW(弾性表面波)フィルターレスのトランシーバー回路などを集積する。このSoCのCPUコアは、英Arm社の「Cortex M-33」である。メモリーは、1Mバイトのフラッシュメモリーと、256KバイトのRAMを集積する。セキュリティー機能としては、Arm社の「Arm TrustZone」と「Arm CryptoCell」を搭載した。これらを搭載することで、「インターネット上における暗号化と、アプリケーション保護を実現できる。これまでに発売されたセルラーIoT向け無線通信モジュールに比べると高いセキュリティー性能を備えている」(同社)という。このほか、12ビット分解能のA-D変換器やリアルタイムクロック回路、SPI、I2C、I2S、32本のGPIO(汎用入出力)、4個のPWM発生回路などを集積する。

 発売したモジュールを使った機器開発向けに、LTE-M用ファームウエアやソフトウエア開発キット(SDK)などを用意している。SDKには、Nordic社のクラウドベースのデバイス管理ツール「nRF Connect for Cloud」や、パソコンベースの開発ツール「nRF Connect for Desktop」などが含まれている。このほか、独Segger Microcontroller社の開発ツール「Embedded Studio」も対応する。

 すでにモジュールの販売を始めている。例えば、米Digi-Key社や米Mouser Electronics社、英Premier Farnell社などの電子部品通信販売サイトから購入できる。