LoRa変調はスペクトラム拡散で耐ノイズ性を高める
LoRa変調では、「チャープ拡散」という手法を使って、周波数方向に情報を拡散させる(2)。相手に到達した電波にノイズが乗っても(3)、逆拡散させたときにノイズが拡散され、信号に比べ無視できるようになる(5)。

記事へ戻る