ルーター部門の利用実態調査では、LANをインターネットやWANサービスとつなぐ「ルーター/ブロードバンドルーター」と、外部からのサイバー攻撃に備えて設置する「UTM/ファイアウオール」の2ジャンルに分けて回答してもらった。

 ルーターの使用率1位は、ヤマハ(33.6%)。2位にシスコ(21.9%)、3位にNEC/NECプラットフォームズ(10.7%)が続く。

ルーター/ブロードバンドルーターベンダーの総合順位
使用率が3%以上の企業を掲載。1位から6位までのベンダーは前回調査と全く同じ。上位3社までの使用率も、複数回答だった前回とほぼ横ばい。
[画像のクリックで拡大表示]

 ルーターの上位6社は、前回調査と同じで、上位3社は使用率にも大きな差はなかった。複数のベンダーを組み合わせる必要がない機器だからだろう。

 UTMの使用率1位は、フォーティネット(37.1%)だった。2位のパロアルトネットワークスが19.5%だったので、17.6ポイントもの大差を付けた。ただ前回と比べて、フォーティネットは4.9ポイント下げたのに対して、パロアルトは2.7ポイント上げた。3位には、前回2位のシスコ(14.3%)が入った。

UTM/ファイアウオールベンダーの総合順位
使用率が3%以上の企業を掲載。1位はフォーティネットで、3社に1社は同社製品を選んでいる。パロアルトネットワークスは前回調査より使用率を伸ばし、2位に入った。
[画像のクリックで拡大表示]
ルーターとUTMでそれぞれ1位になったベンダーの主な製品
FortiGateは無線LANコントローラーとしても使える。
[画像のクリックで拡大表示]
▼UTM
Unified Threat Managementの略。複数のセキュリティ機能を持つネットワーク機器。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。