(出所:日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)「企業IT動向調査2019」速報値、2019年3月15日)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)がまとめた「企業IT動向調査2019」速報によると、IT部門の定年後再雇用や雇用延長の要員割合が5年後に全体の30%以上を占めると回答した企業が10.4%に達した。5%以上を占めると回答した企業は現状で27.1%、5年後には43.4%に増えるという。

 JUASは「国内の高齢化の影響がIT部門の要員にもはっきりと表れている」とする一方で、増加するシニア人材を活用する計画を策定していない企業が約7~8割に上ると指摘している。