携帯電話所有者が「1台目もしくは2台目にスマートフォン所有と回答」した場合で算出。
(出所:NTTドコモ モバイル社会研究所 「2010年-2019年一般向けモバイル動向調査」、2019年5月21日)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモモバイル社会研究所がまとめた「一般向けモバイル動向調査」によると、携帯電話の所有者のうちスマートフォンの比率は83.9%となった。国内におけるスマホ比率は2019年に初めて8割を超えたという。

 調査では携帯電話の所有者のうちAndroidやiPhone、Windows MobileがOSのものを「スマホ」、PHSやガラケー、「らくらくホン」などシニア向け従来型携帯電話を「ケータイ」に分類し、1台目もしくは2台目にスマホを所有しているという回答で算出した。