「より速く」「より安全に」「より使いやすく」を目指して、無線LANの新技術が次々と登場してきている。次世代無線LANの柱となる注目の新技術を解説する。

 スマートフォン(スマホ)やタブレット、ノートパソコンなど、気軽に持ち歩ける端末が増え、無線LANのニーズは高まる一方だ。自宅やオフィスだけでなく、外出先のカフェや繁華街などで、無線LANを利用している人は多いだろう。

約20年で速度は5000倍に

 無線LANの最初の規格IEEE 802.11が策定されたのは1997年のこと。それから20年ほどで、無線LANは劇的に速くなった。

無線LAN発展の歴史
[画像のクリックで拡大表示]

 IEEE 802.11の最大伝送速度はわずか2Mビット/秒だった。1999年の802.11bでは11Mビット/秒になった。同年に策定された802.11aや2003年に策定された802.11gでは54Mビット/秒、2009年の802.11nでは600Mビット/秒へと高速化が進んだ。そして、2013年に登場した802.11acでは6.9Gビット/秒と、ついにギガの時代に突入した。

 高速化の流れは今後も止まらない。2020年に標準化が完了する予定の次世代規格IEEE 802.11axは9.6Gビット/秒と、802.11acの1.4倍になる。最初の規格と比べると約5000倍に達する。

免許不要の電波を活用

 無線LANでは、最初の規格以降2.4GHz帯と5GHz帯という同じ周波数帯を使い続けている。いずれも日本国内では免許不要で誰でも利用できる。

無線LANで使う周波数帯の特徴
2.4GHz帯5GHz帯
対応規格IEEE 802.11/b/g/n/axIEEE 802.11a/n/ac/ax
特徴最も古くから使われており対応機種が多い。ただし、ISM帯に当たるためBluetoothや電子レンジなどと干渉しやすい比較的空いている周波数帯のため電波干渉が少ない。電波の直進性が強く障害物に弱い

 比較的遠くまで届き障害物があっても回り込みやすいために使いやすいのが2.4GHz帯だ。無線LANが登場した当初は、この2.4GHz帯が主に使われてきた。

 だが、2.4GHz帯は無線通信以外でも利用できるISM帯に当たり、電子レンジやBluetoothなどと干渉することが増えてきた。このため、比較的空いていて帯域を確保しやすい5GHz帯を使うように徐々にシフト。802.11nでは2.4GHzとどちらも使えるようになった。そして、現在の802.11acでは5GHzだけを利用する。だが次の802.11axでは、5GHz帯だけにするのではなく、IoT分野の活用を想定して電波の飛びやすい2.4GHz帯も改めてサポートする。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。