Windowsに標準搭載される「Windows Defender」。従来はセキュリティーソフトの名称だったが、今ではセキュリティー機能のブランド名になった。その機能の数々を紹介する。

 もともと米マイクロソフト(Microsoft)の「Windows Defender」は、Windows VistaからWindowsの標準機能として備わるセキュリティーソフトの名称だった。当初はスパイウエア/アドウエアからWindowsを保護するソフトウエアだったが、Windows 8でウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」に統合された。

以前のWindows Defenderの位置付け
[画像のクリックで拡大表示]

 このため、Windows Defenderはウイルス対策ソフトとして認識されることが多い。

 しかし2017年9月公開のWindows 10 Fall Creators Updateからは、Windows標準のセキュリティー機能のブランド名になった。ウイルス対策以外の「Windowsファイアウォール」や「SmartScreen」といった機能にもWindows Defenderが冠される。従来のウイルス対策機能は「Windows Defenderウイルス対策」と呼ぶ。

現在のWindows Defenderの位置付け
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。