調査会社のIDC Japanは、2018年の国内エンタープライズストレージシステムの市場規模が、前年比3.9%増の3336億4600万円になるとしている(最終的な実績値は集計中)。2022年の同市場の市場規模は3352億4900万円で、2017~22年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.9%になるという。

 IoTで取得したデータなど、企業が取り扱うデータは多様化し、その量は増え続けている。そうした状況にもかかわらず国内エンタープライズストレージシステムの市場規模は、さほど大きな伸びを見せていない。同市場の最新動向からその理由を読み解いてみる。

2018年はオールフラッシュアレイがミッドレンジに拡大

 IDC Japanが調査対象としているエンタープライズストレージには、「外付型」「サーバー内蔵型」「ODM Direct」の三種類がある。

 外付型ストレージシステムは、メインフレーム向けとオープンシステム向けに大別している。年間支出額を2018年通年の数字で比較すると、メインフレーム向けが160億2100万円で前年比25.6%減少したのに対し、オープンシステム向けは1647億2100万円で同8.5%の増加だった。外付けストレージシステム全体では、4.1%の増となった(図1)。

図1●国内外付型ストレージシステム セグメント別 支出額(年間)
出典:IDC Japan
[画像のクリックで拡大表示]

 メインフレーム向けが減少した原因について、IDC Japan エンタープライズ インフラストラクチャ シニアマーケットアナリスト 加藤慎也氏は、「2018年はメガバンクなどのシステム更改がなかったことを含め、メインフレーム向けのストレージに対する投資が非常に低調だった。為替の影響で、製造業の投資額が少し下がったことも影響している」と分析する。

 一方でオープンシステム向けは、ミッドレンジ(500万以上3000万円未満)製品が前年比2桁の伸びを示した。その要因としては二つが考えられる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。