図2-1●IEEE 802.11axの開発目標
無線LANの最大伝送速度の向上、多数のユーザーが同時に利用する環境でのスループット向上、IoT向けの用途を想定した多端末接続などの改善という三つの方向性を目指している。

記事へ戻る