パソコンが通信できないとき、最初に実行すべきなのはipconfigコマンドだ。通信できない原因が判明することが多いネットワークの設定情報を確認できる。

 ipconfigコマンドを使うと、そのパソコンのIPネットワークの設定情報を確認できる。コマンドプロンプトを開き、オプションなしで「ipconfig」と打ち込んでEnterキーを押すと、IPアドレスやサブネットマスクなどの設定情報が表示される。覚えておきたい、よく使うオプションは以下の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]
ipconfigを使うとIPネットワークを使うための情報が正しく設定されているか確認したり、DHCPサーバーやDNSサーバーから受け取った情報を再設定したりできる
[画像のクリックで拡大表示]

まずは「ipconfig /all」

 詳細な情報を表示するときは、ipconfigの後ろに半角空けて「/all」を付けて実行する。先ほどの実行結果に、ネットワークカード(NIC)の名前やMACアドレス、DHCPサーバー、DNSサーバーが追加される。トラブルシューティングを行うときは、情報量の多いipconfig /allを実行する。

「ipconfig /all」と実行するとMACアドレスやIPアドレス、サブネットマスクなど、IPネットワークでの通信で使う設定情報が一覧で表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。