SSDの主要性能であるデータ転送速度と寿命を見極めるには、SSDの内部構造に対する理解が欠かせない。コントローラーとNANDメモリーの構成を読み込むと、製品の仕様が示す数字の意味が見えてくる。

 まず、コンシューマー市場向けSSDの典型的な構成を見てみよう。

一般的なSSDの内部構造
破線で示した部分は製品によって実装の有無が異なる

 ここで実線の部分は必ずあるもの、破線の部分はオプション扱いのものである。ここで注目すべきは以下の3点だ。

  1. PCとの接続インターフェース
  2. 書き込みキャッシュの有無やその構成
  3. NANDフラッシュへのアクセス方法

M.2カードタイプSSDの落とし穴

 ①の接続インターフェースは、意識せずに製品を選ぶと読み書きの速度が3倍以上違ってくる。単純に価格だけで選ばないようにしたい。

 SSDは現状、2.5型ドライブの形状をした製品と「M.2」カードタイプの製品の2種類が存在する。エンタープライズ向けには「U.2」や「NF1(NGSFF:当初はM.3と呼ばれていた)といった種類や、PCI Express x16接続の拡張カードタイプの製品がある。

 やっかいなのは、M.2カードだ。2.5型はインターフェースがSATA一択だが、M.2はSATAとPCI Expressの2種類があり、PCI Expressの世代も異なる製品が混在している。

SSDの主な形状とインターフェース
外見が同じでもプロトコルの違いで速度差は3倍を超える。
機械的形状インターフェースの形状プロトコル最大データ転送速度
2.5型ドライブSATAコネクターSATA 6G600Mバイト/秒
M.2カードM.2コネクターSATA 6G600Mバイト/秒
PCI Express Gen3 x2(NVMe:NVM Express)2Gバイト/秒
PCI Express Gen3 x4(NVMe:NVM Express)4Gバイト/秒

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。