日々の営業活動やアフターサービス、各種申請業務などで社外を飛び回っている職種では、「移動の効率化」こそが働き方改革の第一歩となる。そもそも、会社の外に出た時点で目的地への行き方があいまいなようでは段取りが悪すぎる。

 仕事ができそうな人でも、こうした準備や段取りを軽視していることが多い。普段、スマートフォン(スマホ)で地図アプリを使いこなしていると、「外出してから検索してもどうにかなるだろう」と思って事前準備をしないのだ。確かにどうにかなるわけだが、時間の無駄は発生する。

 企業にとって問題なのは、効率的な移動手段を社員任せにしており均一化できていないことだ。ITツールを上手に活用すれば社員だれもが快適に移動できるのに、そこに気付いていない企業が多すぎる。今回は、仕事用のマップを作製・共有し、すべての社員が快適に移動できるようになる方法を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。