日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2019年5月27日、複数のクラウドを利用するマルチクラウドの構築支援サービス「HPE Right Mix Advisor」の提供を開始すると発表した。

日本ヒューレット・パッカードPointnext事業統括の小川光由執行役員
日本ヒューレット・パッカードPointnext事業統括の小川光由執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は複数のクラウドサービス運用を目指す企業に向けて、導入支援のコンサルティング業務から複数クラウドを使ったシステム構築、稼働後の運用までを一括して支援している。新たに始めた「Right Mix Advisor」は上流に当たる導入支援コンサルティングの内容を拡充したもの。具体的にはパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて使う企業に向けて、既存のシステムに関する課題や事業上の目的の把握、複数クラウドを使ったシステム開発ロードマップの検討、運用計画の策定などを支援する。

HPE Right Mix Advisorの成果物サンプル
HPE Right Mix Advisorの成果物サンプル
[画像のクリックで拡大表示]

 ITインフラのコンサルティングやサポートの事業を担当する小川光由Pointnext事業統括執行役員は「2019年度に2ケタ以上の企業支援を狙う」と述べた。現在、金融を含む複数の業界の企業が支援サービスの利用を検討しているという。