日本HPは2019年5月29日、AI(人工知能)を使ったマルウエア対策機能「HP Sure Sense」を発表した。2019年7月上旬に同機能を搭載したモバイルワークステーション「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation」の販売を始める。同機の価格は18万5000円(税別)から。

2019年7月上旬に販売予定のモバイルワークステーション「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation」
2019年7月上旬に販売予定のモバイルワークステーション「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstation」
[画像のクリックで拡大表示]

 HP Sure Senseの特徴はディープラーニング(深層学習)を採用した点だ。イスラエルのセキュリティー企業のディープインスティクト(Deep Instinct)のソフトを使う。「これまではセキュリティー企業などが『何がマルウェアか』を定義する必要があったが、新機能はAIが生のデータから自動的にマルウェアの特徴を見つけ出す」(日本HPの鈴木学サービス・ソリューション事業本部技術本部クライアント技術部テクニカルコンサルタント)。そのため、既知の攻撃だけでなく未知の攻撃もCPU負荷を抑えながら高い確率で検出できるという。

 九嶋俊一専務執行役員パーソナルシステムズ事業統括は「毎日35万種、実に4秒に1つほどのペースで新しいマルウェアが作られている。従来の方法では新しい脅威に対応しきれない」と指摘した。今後はHP Sure Senseを標準搭載した製品を増やすだけでなく、既存製品の一部も対応させていく予定という。

九嶋俊一専務執行役員パーソナルシステムズ事業統括
九嶋俊一専務執行役員パーソナルシステムズ事業統括
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコンなどの端末(エンドポイント)のセキュリティーを監視する新サービス「HPプロアクティブセキュリティ」も発表した。メールの添付ファイルやインターネットから入手したファイルの中でマルウエアの疑いがあるファイルを、隔離した仮想環境で実行し、ログデータからファイルの入手経路などを検知して次の対策に生かす。2019年7月上旬の販売を予定する。