ソフトバンクは2019年6月3日、誤差数センチメートルで測位できる法人向けサービスを11月末に提供すると発表した。農機を精密に自動運転させたり、ドローンを自動で飛ばして建設現場監視に使ったりという用途を想定している。サービス開始前の7月からヤンマーアグリや鹿島、SBドライブとでそれぞれ実証実験を行う。

ソフトバンクが発表した位置測位サービスの仕組み
ソフトバンクが発表した位置測位サービスの仕組み

 「実証実験の結果、精度は1.4センチメートルを達成できた」。会見に登壇したソフトバンクの野田真モバイルネットワーク本部長は精度の高さに自信を見せた。

 農機やドローンに設置した受信機を使い、GNSS(衛星測位システム)と同サービス専用の基地局からそれぞれ情報を取得して測位する。このうち専用基地局からは、GNSSからの位置情報を補正する情報を受け取る。両者の情報を組み合わせることで、既存のGPS(全地球測位システム)よりも正確に現在位置を把握できる。ソフトバンクは専用基地局を11月末までに全国3300カ所以上に設置する計画だ。

 同様の測位サービスは以前からあったが、従来は利用する企業が独自基準点と呼ぶ専用基地局を自前で設置する必要があり、コストが高かったという。ソフトバンクは様々な企業向けに同サービスを提供することでコストを抑える。「受信機やアンテナなどの機器代や通信料などは既存サービスの10分の1ほどになるのではないか」(野田本部長)という。

 同様の誤差数センチレベルの測位が可能なサービスは、5月28日にNTTドコモもコマツらと共同で発表している。ドコモに続きソフトバンクも参入を決めたことで、サービスレベル向上やコスト低減の競争が促され、普及が加速する可能性がでてきた。