電通と電通デジタルは2019年6月6日、電通グループ独自の統合マーケティングプラットフォーム「People Driven DMP」と、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Audience Studio」の相互連携によるソリューションの提供を始めたと発表した。

 Salesforce Audience Studioは、顧客企業が保有するデータと外部から得たデータの統合を可能にし、顧客との関係強化に活用できるプラットフォーム。一方、電通グループのPeople Driven DMPは、さまざまなオーディエンスデータや各種メディアの接触データ、購買データ、位置情報データなどを人(People)基点で活用できるプラットフォームになる。

 今回、電通グループは2つのDMPを相互に連携させることで、より詳細に顧客のニーズや嗜好を捉え、顧客とのエンゲージメント強化に資する広告配信やデジタルプロモーションの実現を狙う。2つのDMPのCookieシンク(Webサイト訪問時やバナー広告表示の際に割り振られた暗号化Cookieを、別のドメインで発行されたCookieにひも付け、統合・管理すること)により、スムーズかつ高度なマーケティング施策の実現が可能という。