優れたIT活用事例を表彰する日経コンピュータ主催の「IT Japan Award 2019」。IT Japan Award 2019審査委員会は日本郵船など5社を受賞企業に選んだ。航行中のトラブルを未然に防ぐ日本郵船の船舶IoTがグランプリに選ばれた。準グランプリと特別賞はAI活用やアジャイル開発などの4事例が受賞した。

AI、IoT、アジャイル開発の先進事例を選出
IT Japan Award 2019の受賞企業と受賞内容
[画像のクリックで拡大表示]

 グランプリを受賞した日本郵船は船舶IoT(インターネット・オブ・シングズ)の取り組みを10年越しで進めてきた。保有する約200隻の船舶のエンジンなどにIoT機器を設置し、航海中の船舶のトラブル防止に努めている。船舶内のデータを衛星経由で収集し、陸上の担当者が確認する仕組みだ。大型タンカーのエンジン故障を事前に察知して対処するなど成果を上げた。

 長年の取り組みや実績に加え、船舶ごとに名称や単位がバラバラだった800項目ものデータを標準化するなど、手間のかかる膨大な作業を経て実現した点が評価された。PoC(概念実証)ではない、実用化したIoTの先進事例としてグランプリに選ばれた。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。