JBCCは2018年10月29日、サイボウズのクラウドサービス「kintone」やグループウエア「Garoon」と連携するAI(人工知能)チャットボットサービスを発表した。新たに提供するサービスは「CloudAIライト for kintone」と「CloudAIライト for Garoon」の2つ。JBCCのクラウドサービス群「俺のクラウド」のメニューとして、2018年11月初旬から提供する。

 CloudAIライト for kintoneは、ユーザーがスマホやPCにチャットから日常的な話し言葉で調べたい情報について問いかけると、kintone内のデータを照会できる。外出先での在庫や価格、営業日報などの情報を照会できる。オプションでデータの更新や登録が可能だという。

 CloudAIライト for Garoonは、チャットを使って外出先からスケジュールの調整や会議室の予約ができる。例えば複数人のスケジュールを抑える際は、AIが空き時間を考慮して調整してくれるという。また、Garoon上の掲示板やメッセージ、資料も検索できる。

 CloudAIライト for kintoneとCloudAIライト for Garoonの価格は、基本料金が月額5万円(税別)。このほかチャットボットを利用するユーザーごとに月額200円(税別)が必要。