UiPath日本法人は2018年10月26日、コピー・アンド・ペーストといったPCの定型作業をソフトウエアのロボット(ソフトロボ)で自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールの新版「UiPath 2018.3」の提供を始めると発表した。

新板「UiPath 2018.3」。全ての表示を英語から日本語に変更した
新板「UiPath 2018.3」。全ての表示を英語から日本語に変更した
(出所:UiPath日本法人)
[画像のクリックで拡大表示]

 UiPathの特徴はソフトロボで自動化したいPC作業について、その処理手順を開発画面でマウスなどを使いながら設定すると、手順で処理を自動化できる点だ。新版は開発画面を日本語表記にしたり、ソフトロボの開発で使うソフトウエア部品を社内や開発者同士で共有したり再利用できたをするようにした。従来版は開発画面が英語だったが、開発画面のメニューやソフトロボの処理手順などの全ての表示を日本語に変えた。

 共有や再利用をできるようにしたソフトウエア部品はソフトロボの処理手順の設定で使う。従来版は開発者が処理手順を一から設定する必要があった。新版はその一部を部品化して社内で共有すると、別のソフトロボの処理手順を設定する際に共有した部品を再利用できる。異なるソフトロボの開発で同じ処理を一から設定する手間を省けるようになった。