スーパーコンピューター(スパコン)関連スタートアップのエクストリーム-D(東京・品川)は2018年10月30日、独自開発のスパコンを貸し出すクラウドサービス「XTREME-Stargate」を開始すると発表した。企業や研究機関は高性能なスパコンを自ら保有せずに必要なときだけ使える。2018年末に提供を始める。

エクストリーム-Dの柴田直樹CEO(最高経営責任者)
エクストリーム-Dの柴田直樹CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年にエクストリームデザインという社名で創業したエクストリーム-Dは、「Microsoft Azure」などのパブリッククラウド上での仮想スパコンの構築・運用を自動化するツール「XTREME-DNA」を提供してきた。利用者はテンプレートを選択すれば用途に合った仮想スパコンを10分程度で設定できる。

 ただし、XTREME-DNAの利用者でパブリッククラウドの料金が想定以上に高くなるケースも出てきた。HPC(高性能コンピューティング)専用に同社が設計・構築したインフラで仮想スパコンを提供すれば、利用者にとって費用対効果を高められると判断。XTREME-Stargateの提供に踏み切った。スパコンの2大用途であるシミュレーションとデータ分析のどちらにも適するように設計したインフラ「XTREME-Stargate IaaS」をさくらインターネットのデータセンターに設置する。XTREME-DNAを基に開発した管理ツールとテンプレートを使って利用してもらう。特に深層学習(ディープラーニング)などAI(人工知能)向けデータ分析での利用拡大を期待する。

XTREME-Stargateの早期評価環境の仕様。米インテルのCPUとインターコネクト、SSDを採用した
XTREME-Stargateの早期評価環境の仕様。米インテルのCPUとインターコネクト、SSDを採用した
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年に米ウィルが運営するベンチャー育成ファンドなどからシリーズAラウンドで調達した資金でインフラの初期構築費用を賄う。その後の設備増強のためにさらなる資金調達も実施する方針。エクストリーム-Dの2018年度の売上高見通しは約150万ドル(約1億7000万円)だが、新サービスの開始で2019年度に約600万~1000万ドル(約6億8000万~11億3000万円)まで伸ばす目標を掲げる。製品発表会に登壇したさくらインターネットの田中邦裕社長は「HPC分野はこれから大きく伸びる。エクストリーム-Dは(スパコンインフラの)資産を持つ事業形態になるが、最初の壁を乗り越えられたらその後は業界と一緒に伸びていくはずだ」とスタートアップ企業の新しい挑戦に期待を込めた。