図1 消えては困るファイルはコピーを作成。同じディスク内ではなく、別のディスクやUSBメモリーなどを使えば安全性は高くなる。エクスプローラーでコピー元とコピー先のウインドウを開き、ドラッグ・アンド・ドロップでバックアップできる

記事へ戻る