2020年1月14日に、Windows 7がサポートの終了を迎える。この日以降、セキュリティーの脆弱性や不具合などの更新プログラムは提供されなくなる。企業ユーザーがWindows 7を使い続けるのは事実上、困難だ。必要な対策をおさらいし、Windows 10への移行後に取り組むべきことをまとめる。

目次

  • Windows 7が動く会社でこれから起こり得ること

     2020年1月14日に、Windows 7がサポート終了を迎える。残り約430日。これ以降、セキュリティーの脆弱性や不具合などの更新プログラムは提供されなくなる。企業がWindows 7を使い続けるのは事実上、困難だ。取り得る選択肢はWindows 10への移行しかない。

  • Windows 10への移行タイミング、IEを使い続けるリスク

     Windows 7から同10に移行する際には、考慮すべき点がいくつもある。半年に一度のOSの大型更新にどう向き合い、Internet Explorerやウイルス対策ソフトとは縁を切るべきか。数多くのOS移行を手掛けてきた専門家2人に話を聞いた。

  • Windows 10ではウイルス対策ソフトは不要か?

     日本マイクロソフトは、Windows 10は同7に比べてセキュリティー機能を大幅に強化したことをアピールしている。Windows 7時代に使っていたウイルス対策ソフトは不要になるのか。専門家に聞いた。

  • ユニークなWindows 10移行、中古PCを使ってコスト抑制

     中古品の買い取り販売サービスを手掛けるマーケットエンタープライズはユニークなやり方で、Windows 7から10への移行作業をゆっくり進めている。その方法とはどんなものか?