独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、統合型マーケティング支援市場規模推移および予測を発表します。

統合型マーケティング支援市場(注)の2015年度の売上金額は67億円、前年度比55.8%増と大幅な増加となりました。統合型マーケティング支援への注目が近年急速に高まっており、参入ベンダーの拡大に伴い市場は急速な伸びを示しています。2016年度も同59.7%増と引き続き高い伸びが見込まれます。
本市場を、パッケージとSaaSの提供形態別で比較して見ると、2015年度はSaaS市場が前年度比83.3%増とパッケージ市場(21.1%)を大きく上回る伸びを示しました。2016年度も同75.0%増と引き続き大きな伸びが見込まれ、今後もSaaS中心に導入が進むと予測しています。ITRでは、2020年度のパッケージ市場は45億円、SaaS市場は161億円を見込んでいます。

注)統合型マーケティング支援(MA:マーケティング・オートメーション)は、マーケティング活動全般を支援する製品で、マーケティング・プランニング、見込客管理、カタログ管理、パーソナライゼーション、キャンペーン管理、イベント管理などの機能が含まれます。

図.統合型マーケティング支援市場規模推移および予測:提供形態別

ITRのシニア・アナリストである三浦 竜樹は、「マーケティングのデジタル化が進む中、マーケティング担当者が多様なチャネルから得られる膨大なデータ全てを分析・活用することは困難になりつつあります。大量のデータの分析およびその結果から最適解を迅速に導き出すために、AI(人工知能)を搭載または連携する統合型マーケティング支援製品・サービスが登場し始めています。今後、AIによる更なるマーケティングの自動化の進展とともに、市場が拡大していくと予想されます。」とコメントしています。

調査概要

今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:マーケティング管理市場2017」に詳細を掲載しています。同レポートには、メール送信市場、メール配信エンジン市場、メール処理市場、統合型マーケティング支援市場、アクセス解析市場、入力フォーム最適化市場、DMP(Data Management Platform)市場の国内全57ベンダーへの調査に基づいた2014~2015年度売上げ実績および2020年度までの売上げ予測を掲載しています。

■本調査結果の概要(掲載データ)

関連レポート
ITR Market View:マーケティング管理市場2017