多くの企業が「ビッグデータ」の活用に向けて高い関心を示している。ビッグデータへの取り組みが企業の生き残りのカギを握るとさえいわれている。

スマートインサイト株式会社<br>マーケティンググループ<br>マネージャー<br>石家 丈朗 氏
スマートインサイト株式会社
マーケティンググループ
マネージャー
石家 丈朗 氏

 ところがその一方で、企業が実際にビッグデータの活用へと舵を切ろうとする際には、いくつかの難問が立ちふさがる。

 例えば、事前設計の問題。多くの企業ではデータの活用そのものについては、かねて取り組みを実践してきた。基幹系などの特定の業務システムに蓄積された任意の情報を必要に応じてETL(Extract/Transform
/Load)ツールなどを使って抽出し、それをデータウエアハウスに格納。BIツールを利用してデータの可視化・分析を行うアプローチが一般的にとられてきた。こうしたデータ活用に関わる一連のプロセスについては、業務システムにおいてどのようなデータが保持されており、それをどういうかたちで分析したいのかというビジョンがあらかじめ描かれていることが不可欠だ。

 これに対しIoT(モノのインターネット)によって蓄積された情報などを含むビッグデータの活用に関しては、それらデータの有用性や、そこから創出されるビジネス価値については、基本的には未知数だといっていい。そうなると、あらかじめ想定された価値を念頭にデータウエアハウスをデザインして、必要なデータを収集し分析に供するという、これまでのアプローチは通用しないことになる。こうしたことが、企業の間でビッグデータ活用に向けた取り組みが思うように進んでいない要因でもある。

 加えて、そもそもビッグデータ活用のコンセプトは、単にセンサーデータやSNSでやり取りされる情報などを個別に分析するということではなく、そうしたデータや従来から企業内の業務システムで取り扱われてきたデータを含め、社内外に存在する多種多様な情報を統合的に分析していくというものに他ならない。「そのような広範なデータソースにまたがる情報の内容をあらかじめすべて理解し、分析方針を立ててデータウエアハウスをデザインしていくというアプローチは、非現実的です」とスマートインサイトの石家丈朗氏は指摘する。

 つまり、ビッグデータ時代を迎えた今、企業には既存の枠組みを超えたデータ活用の新たなアプローチや、それに必要な次世代のプラットフォームといったものが求められているわけだ。では、具体的にその姿とはどのようなものだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。