企業に求められる基幹システムインフラの再検討

 グローバル規模で繰り広げられるビジネス競争で、企業が優位性を確保していくには、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進こそが必須の要件となっている。その中で、企業に課題として浮上しているのが、日々の既存業務を支えている基幹システムをめぐる問題だ。既存システムの運用・保守に、IT予算を費やし続けているという状況が、DX推進に向けた新規投資を圧迫してしまっているのだ。

 一方、DXを念頭に新たに構築されるサービスでは、基幹システムとの相互連携が重要なポイントとなる。既存システムが長年運用され、改修が続けられる中で、いわば“ブラックボックス化”してしまっているというケースは少なくない。既存システムが新たなDXの要請に対し、円滑に追随できないという問題にも突き当たることになる。

 いずれにせよ、基幹システムがDX推進の“足かせ”になりかねないという状況を多くの企業が抱えている。DXをめぐる要請に直面して、企業には基幹システムのあり方そのものについての再検討が求められているわけだ。

 有力な選択肢となるのは、言うまでもなくクラウドインフラの活用である。これまでも多くの企業の間で、システム構築や新サービスの提供、運用管理に伴うコストや人的負荷の軽減を念頭に、基幹システムのクラウド移行自体は進んできた。ところが、クラウドに移行したのはいいが「思うほど運用の負荷軽減やコスト削減につながらなかった」、さらには「かえってコストが増大してしまった」という声もよく聞かれる。また、クラウド移行が検討の俎上にはのぼるものの、やはりセキュリティや性能面での懸念があり、なかなかその実施に踏み切れないという企業も多い。

 基幹システムをクラウド化するには、失敗は許されない。クラウドインフラをどのようなポイントでチェックしておくべきなのだろうか。重要な見極めポイントを次ページ以降で紹介したい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。