日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド・テクニカル・セールス
エグゼクティブアーキテクト
渡邉周一氏

 クラウドのエンタープライズでの活用領域が広がっている。ITを活用して顧客との関係性を深めたり、新規ビジネスを展開するといったこれまでの使われ方だけでなく、企業の基幹系システムもクラウド上に移行するケースが増えてきているのだ。プライベートクラウドとオンプレミスを併用するハイブリッド構成も広がりつつある。

 しかし、こうした活用方法の広がりとともに、クラウドに対するいくつかの懸念事項も浮上してきた。1つはクラウドの可用性だ。企業活動の根幹を支えるITを配備するインフラとしては当然だろう。データセンターの堅牢性だけでなく、クラウドを利用するためのネットワークの冗長性や高速性も欠かせない。

 2つ目はプラットフォームとしての透明性。クラウドとオンプレミスの間でシステムを容易に移動させることができれば、可用性が高められるだけでなく、システムニーズの変化にも柔軟に対応できる。もちろん、システムを止めることなくシームレスに移行できる運用面での継続性の確保も必要になる。

 そして3つ目が、データベースの拡張性だ。CPUやメモリーのスケールアップ、スケールダウンが柔軟に行えることはクラウドの大きなメリットだが、リレーショナルデータベースなどは拡張性を確保することが難しい。しかし、企業の扱うデータ量が急速に増加し、データ活用の重要性が高まることを考えると、対応策が見えていなければ本格的な活用には踏み切れない。

 こうした課題に応えるべく進化を続けているのが、IBMのクラウドだ。「特に今回は“New IBM Cloud”といえるほど機能が強化されています」と日本IBM クラウド・テクニカル・セールス エグゼクティブアーキテクトの渡邉周一氏は語る。次ページ以降では、東京に構築されたマルチ・ゾーン・リージョン(以下、MZR)など、IBM Cloudの強化ポイントについて解説しよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。