資料の紹介

 毎日、世界で数十億GBのデータが生み出されているという“データ爆発”の時代。企業が扱うデータの容量も急増、しかも多くの場合、様々な種類のストレージにそれらが散在している。これらを統合的に格納・管理し、高速に読み書きできるストレージ基盤が求められている。

 データベースを使った業務アプリケーションはもちろん、アナリティクスやコグニティブコンピューティングなどの最新領域でも、定型/非定型の大量データに高速にアクセスしたいという要請は高まっている。ストレージ統合という課題も加わり、従来のネットワークファイルシステム(NFS)での対応は難しくなってきた。

 本資料では、このような課題を解決する手立てとして、大量データを想定した設計の分散ファイルシステムを紹介する。一般的なNFSと違ってデータの転送と管理を複数のサーバーで分担することで、大規模構成での速度や効率の低下を抑える。階層ストレージ管理と組み合わせればコスト抑制も可能という。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。