資料の紹介

 企業が扱うデータは日々増加しており、調査会社IDCによればそのスピードは年間6割に達するという。これらの多くはバックアップ/リカバリの対象となる。ストレージの統合や大容量化、仮想ストレージなど、技術は進歩しているにもかかわらず、従来のソリューションではコストと時間がかさむ一方だ。

 最も大きな問題は、データのバックアップ、リカバリ、レプリケーションにコストがかかり過ぎるため、企業全体のディザスタリカバリ戦略が十分に実施できなくなる恐れがあることだ。その結果、深刻なデータ損失のほか、コンプライアンスや法規制上の問題が発生するリスクも高まっている。

 本資料では、企業のデータセンターで起きているこうした問題の解決策となる、データ保護ソリューションを提案する。重複排除機能を備えたバックアップ専用アプライアンスは、使いやすさに加え、一般にあまり知られていないメリットがあるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。