資料の紹介

 クラウドコンピューティングが企業に普及するにつれ、迅速で簡単なセットアップと管理、柔軟なスケールアウトを可能にする「ハイパーコンバージドインフラ」への関心が高まっている。しかし、いざ導入となると、製品選びに迷ってしまうかもしれない。主要な製品を見比べてもできることに大差はないからだ。

 ハイパーコンバージドインフラ製品選びで着目すべき点のひとつに、「ストレージ仮想化のアーキテクチャ」がある。任意のハイパーバイザを使える一般的なストレージ仮想化製品は、汎用性が高い半面、構造が複雑になりがちだ。一方、特定のハイパーバイザに特化したストレージ仮想化は構造がシンプルで、障害時の切り分けも比較的しやすい。

 本資料では、ハイパーコンバージドインフラ製品選びのポイントについてわかりやすく解説する。将来的に、ソフトウエア定義データセンター(SDDC)を導入し、包括的な管理基盤や、プライベートクラウドとハイブリッドクラウドの柔軟な組み合わせを実現することを視野に入れている企業には、特に有用だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。