資料の紹介

 ビジネスにパソコンは必須であり、その基盤にはOSがある。OSの上でアプリケーションが駆動し、セキュリティの仕組みが働く。そしてOSもセキュリティも進化し続ける。セキュリティを強化するためには、進化のスピードアップを推し進めなければならない。ときには、OSの進化によって必要なアプリケーションが動かなくなることもあるだろう。Windows 10は、セキュリティ対策や日々変化するITへの対応強化を目的に、アップデートを早期に提供する「WaaS(Windows as a Service)モデル」を採用している。

 WaaSモデルへの対応は時代の要請と言わねばならない。Windows 10の機能追加は約半年に1回はあるので、この短さに悲鳴をあげる現場もあるだろう。既に使っているアプリをそのまま使えるかどうかのテストをする期間がとれなくなってしまうからだ。しかし、この問題にはさまざまな対策が用意されている。企業側にとってはアプリケーションの開発手法をレガシーアプリからモダンアプリへと変化させるチャンスでもある。

 本資料は、Windows 10導入に際して、企業のIT担当者が直面する悩みに答える形で、WaaSモデルを導入する際に起きる問題とその解決策のポイントを解説する資料である。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。