資料の紹介

 サーバー仮想化は今や多くの企業やIT組織にとって当たり前の技術となり、仮想化ソフトウエアのコストはあたかも税金のように、支払って当然と見なされている。しかし、コストに見合ったビジネスメリットが本当に得られているかどうかについては、常に見直すことが重要だ。

 企業内で、まったく使っていない、あるいは、メリットが少ないソフトウエアが、ライセンスコストを増大させているというケースは少なくない。複雑な管理や独自のライフサイクル、直観的に理解しがたいワークフローなど、ソフトを所有し使用する際に考慮すべき付帯コストも、運用コストを押し上げる。

 本資料では、仮想化サービスのメリットを享受しつつ、ハイパーバイザーのライセンスコストを必要最小限に抑え、運用コストの拡大を抑制する方法を紹介する。ハイパーコンバージドインフラに内蔵されたスーパーバイザーと管理機能を使うことで、ライセンスの追加が不要になり、ライフサイクル管理も容易になるとしている。

 

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。