資料の紹介

 プライベートクラウドのメリットは、パブリッククラウドの俊敏性、拡張性、効率性などのメリットを生かしながら、インフラは専用にすることで、制御とセキュリティのレベルを向上できることだ。プライベートクラウドを導入する企業は増えており、大規模な仮想マシンでミッションクリティカルなアプリケーションを動かすケースも増えつつある。

 しかし、プライベートクラウドのインフラのほとんどは、基本的なロードバランシング機能しか備えていないため、アプリケーションのパフォーマンス、可用性およびセキュリティがリスクにさらされる結果となっている。対策として、一般的なプライベートクラウド基盤では提供されないような高機能なデリバリーサービスの導入が挙げられる。

 本資料では、プライベートクラウドで重要なアプリケーションを動かす際に必要になる4種のデリバリーサービス機能について説明する。「セキュリティ」「可用性」「パフォーマンス」「可視化」のそれぞれについて自社の要件を確認し、必要なサービスが何かを割り出せば、効率よく信頼できる方法で重要なアプリケーションを提供できるようになるという。

 

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。