資料の紹介

 多くの企業にとって「働き方改革」とは、「労働生産性を上げて時間を創出し、付加価値の高い仕事に社員をシフトしていく取り組み」と言える。時間を創出する手段は様々だが、大きく、残業時間を削減するための制度の実装、AIやRPAなどのIT技術による業務の自動化、システム構築による業務効率化、の3つに分かれる。

 これらの取り組みは一見すると効果的で、成功事例も多く、経営層の理解も得やすいように思える。しかし、ノー残業デーやフレックスタイムの導入といった対症療法で成果を出そうとしたり、「働き方改革=IT化」という認識が先行したりすれば、結果として「社員がイキイキするような本質的な改革になっていない」ということになりかねない。

 本資料では、表面的な制度変更や小手先の工数削減ではなく、業務そのものを減らす「プロセス志向のアプローチ」による働き方改革を提案する。時間を創出するために考えるべき「改革のポイント」、「働き方改革の手段」の選定、改革の「目の付けどころ」を把握する手掛かりとなる「業務量調査」などについて、丁寧に説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。