資料の紹介

 消費者の多くにとってネット上での買い物はもはや「普通のこと」になった。以前の小売業者は、販売フロアの動きを分析して、販売方法や商品計画の決定に役立てていた。だが購買経路が劇的に変化した今、消費者の行動を理解し、需要を予測し、商品計画を最適化するには、ビッグデータを使って消費者の「デジタル足跡」を分析する必要がある。

 だが、ほとんどの小売業者はビッグデータの重要性を認識してはいるものの、いまだにビッグデータの活用は難しいと感じている。データの匿名性、オムニチャネルのデータ統合、データ・セキュリティなどの技術的な課題に加えて、スタッフが予測アルゴリズムに頼りすぎてしまうのではないか、などといった運用上の懸念もある。

 本資料では、小売/飲食店1508件を対象とした調査結果から、小売業におけるビッグデータの存在価値と注目すべき理由を読み解いていく。モバイルデバイスはすでに消費者の購買行動を大きく変え、小売業者にとって新たなデータを生み出している。ビッグデータを活用して、顧客中心の戦略を立て、実行しなければ生き残れない時期に来ている、とあらゆる規模の小売業者に向けて注意を喚起する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。