資料の紹介

 仮想化は、いまや企業システムの設計、運用、効率化において必要不可欠な技術となった。ただし、仮想化を実現するハイパーバイザーの保守・管理は、年々、複雑さを増し、ライセンスにかかるコストも増大しているのが実態だ。

 たとえば、導入規模や認証方法、パフォーマンス監視やキャパシティプランニングなどで必要な製品は異なる。製品が異なれば、操作性も異なり、運用・管理の方法も異なる。ライセンスによって利用できる機能が異なり、必要な機能を利用するためにライセンスの追加が必要になることもある。さらに、複数のベンダーのハードウエアとソフトウエアで構成される仮想化環境では、統一的なセキュリティを実現することも難しい。

 こうした問題を一気に解決できるのが、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)によるアプローチだ。HCIにより仮想化環境をシンプルにし、仮想化システムの導入時間を85%迅速化し、計画外のダウンタイムを98%短縮し、5年間の平均ROI 510%を実現することも可能だ。仮想化環境の複雑な管理・運用、高いライセンスコストに頭を悩ませている企業は、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。