資料の紹介

 めまぐるしくビジネス環境が変化する近年、アプリケーション開発のライフサイクルを短縮する手立てとしてDevOpsが注目されている。DevOpsでは、開発から運用に至る一連のライフサイクルを統合管理することで、ビジネスの変化に対応できる迅速性の確保とリスク低減を実現すると言われている。初期の“過度な期待”のピークは過ぎ、今は多くの企業で、定着に向けた取り組みが進められている段階だ。

 一方で、DevOpsを支えるITインフラに対する操作に関しては、いまだ多くの企業が結果を逐一確認しながら手作業で進めており、迅速とは言いがたい状況にある。ビジネスを加速するには、アプリケーションを動かすインフラについても、リスクを抑えつつ迅速性を高めていく取り組みが必要だ。

 本資料では、インフラのデプロイと運用についてもDevOpsと同様、管理を自動化する手法「Infrastructure as Code」について、その実現の要となる最新のインフラ形態「コンポーザブルインフラ」の具体的な構築例を挙げながら解説する。オンプレミス環境のハードウエアに対しても、クラウドと同様の操作が可能になるため、ハイブリッドIT環境にも適しているとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。