資料の紹介

 企業や組織がセキュリティ上の脅威に直面する頻度は急増しており、被害にあった際の影響度も拡大する傾向にある。強固なセキュリティ体制を整備した企業であっても、最新のサイバー攻撃による侵入を検知し、阻止することは非常に難しくなっている。

 最近のハッカーが好んで使うファイルレスのマルウエアは、正規のプログラムを偽装して、悪意ある振る舞いを発見されないように設計されており、ほとんどのアンチウイルスソフトに検知されない。しかも、最新の脅威に対処できるセキュリティ専門家は不足しており、多くの企業で、巧妙化する脅威への対応が後手に回っている。

 本資料では、ハッカーが企業の防御網を突破して侵入していないかを判断するうえで効果的な手法である「脅威ハンティング(スレット・ハンティング)」について紹介する。脅威ハンティングプラットフォームの導入により、最新の脅威を検知する能力を高められ、調査と対処に要する時間を短縮できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。