資料の紹介

 自動車の制御システムは、電子的に実現しなければならない機能が拡大し続けるため、急速に複雑になってきている。複雑なシステムは、システムのちょっとした変更のたびに膨大な検証作業が必要になる。複雑化したことで個々のコンポーネント間の結びつきも多様になり、システム変更時の影響範囲の特定や具体的な影響の分析が一層困難になったのだ。

 特に現在、自動車業界で大きなテーマのADAS(先進運転支援システム)や自動運転には、カメラやブレーキ、ステアリングなど複数のドメインが横断的に連携して成り立つ機能が多い。単一ドメイン内の検証では済まなくなり、検証の複雑化に拍車がかかっているのが現状だ。しかもADASや自動運転は誤動作が事故、すなわち人命に直結する点で、検証の重要性もさらに増している。

 検証作業にはこれまで汎用的なツールが使われてきたが、複雑化が急速に進む中ではもはや限界と言わざるを得ない。そこで、自動車よりもさらに複雑な航空機分野での導入実績をもとに、自動車のシステムに特化したツールを提供しているのがアンシス・ジャパンだ。検証にまつわるコストの40%削減をもたらすという同社のソリューションを本資料で紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。