資料の紹介

 光学系高分子材料は、各種撮影系レンズをはじめ、プロジェクターの投射レンズ、AR/VR用のプリズムレンズ、ITOフィルム向けインデックスマッチング層など様々な用途で使われている。最近では、モバイル、ディスプレイ、車載、医療などさらなる応用分野の広がりも顕著である。

 製品の高性能化や多機能化に対応するには、光学系樹脂材料の様々な光学特性を制御する必要があり、高屈折率化と低複屈折化は特に重要になる。屈折率を高めることでレンズの小型化軽量化が可能になり、複屈折の低減はレンズの解像力の向上に大きく貢献する。

 本資料では、光学系高分子材料で進む高屈折化と低複屈折化の現状を整理し、これらの材料が応用用途市場に与える影響や、今後の方向性を分析した市場調査レポートのサマリーを紹介する。同レポートではさらに、各メーカーの動向や製品ごとのデータ、競合素材となるガラス素材の新規開発・技術進展の動向についてもまとめている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。