資料の紹介

 ベンチャー企業の石川エナジーリサーチは、独自のエンジニアリング技術を駆使して、海外からも注目される農薬散布用電動式ドローンを短期間に開発した。この開発で威力を発揮したのが、部品製造を委託したデジタルマニュファクチャリングサービス。通常、3カ月程度かかる射出成形パーツが3週間で入手でき、開発期間の短縮と大幅なコスト削減が達成できたという。

 革新的なアイデアを持つベンチャー企業が、短期間で製品化に成功するためには、デジタルマニュファクチャリングを利用するのが有効だ。デジタルマニュファクチャリングを利用することで、見積もりや設計データの製造性解析などのプロセスをオンラインで行い、期間を短縮できる。そしてサービス会社のテクニカルスタッフのサポートで、製造前に3次元データの完成度を高めることができ、最終工程での手戻りなどのリスクを回避できる。

 本資料では、ベンチャー企業による農薬散布用電動式ドローンの開発事例から、デジタルマニュファクチャリングを利用したサービスに委託をしたことで実現した「低コスト・高品質・短納期」の成果について紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。