資料の紹介

 プロダクトデザインでは「触感」がより重要な要素として捉えられている。

 滑りにくい表面処理や凹凸のあるデザインなどは製品の使い勝手に影響し、さらに高級感の演出など新たな付加価値を生み出す。しかし触感を表現するには、型や版の作成のコストがかかり、限られたパターンからデザインを選択しなければならず、自由度の低さといった課題がある。

 感触表現の試作品を小ロットで作成できる手段の一つが、UV-LED方式インクジェットプリンターによる加飾印刷だ。インクを重ね、硬化させることで深さを表現し、デザイナーがイメージした質感表現を1個から作成できる。

 本資料では、UV-LEDインクジェットプリンターの機能や優位性について解説。インク量や濃度を3次元的にコントロールすることで実現した様々な表現手法を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。