資料の紹介

 原材料の調達から最終需要者への供給に至るまでのサプライチェーンは、あらゆる分野の製造業にとってビジネスの生命線だ。激化する競争と急速に変化する環境に対応するために昨今の企業は、需給バランスだけでなく、ビジネスのパフォーマンスを調整し、利益を最大化するために、サプライチェーン全体を最適化することを求められている。

 そうした中で改めて注目されているのが、「S&OP(Sales & Operations Planning)」だ。しかし、サプライサイクルが短期化する中、「需給バランスの定期的な調整」を目的とした従来型のS&OPツールでは、二律背反する意思決定を迅速に行うことは難しい。需給調整を頻繁に素早く実施するための新たなアプローチが必要となる。

 本資料では、次世代型S&OPプロセス「IBP(統合ビジネス計画)」と、生産性を大幅に改善する「セグメント化」について説明し、それぞれについて、マイルストーンとなる成熟度モデルを紹介する。実際、ソニーエレクトロニクスはS&OPとCPFRプログラムを統合することで、チャネル全体の在庫高は「従来通りもしくは減少」としつつ、店頭供給率を18%改善した。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。