資料の紹介

 めっきは装飾や防錆、耐摩耗性などの特性を持ち、製造業においては必要不可欠の技術だ。しかし、めっきにはさまざまな種類があり、手法によっては設計上制約を受けたり、コスト高となる場合がある。従って、設計者はめっき加工に使用する設備や手法をよく理解しておく必要がある。

 重要なのは、めっき加工の工程を考慮した形状デザインや素材選定だ。たとえば、部品設計のときに「凸部を無くす」「止り穴を避ける」といった工夫を施すことで、不均一なめっきによる不良品の発生を防ぐことができる。また、コイルやシート状の製品をめっき加工する「フープめっき」では、連続処理する帯材の幅を広げることでコストダウンを図ることができる。さらに、硬度が低い板材に対して「バレルめっき」で加工する場合には、板厚を薄くし段差をつけたデザインにすることで、攪拌時の外圧による変形や歪みの対策が可能となる。これらはほんの一例である。

 本資料は、このようなメッキ加工最適化のノウハウについて、詳細に解説したものである。種類や目的、特性を一覧できる表も添付されており、資料性も高い。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。