資料の紹介

 取扱説明書やサービスマニュアルといったドキュメントを作成するうえで、制作時間やコストのボトルネックになりやすいのが「イラスト」の準備だ。従来は実機を分解してスケッチしたり、撮影してトレースしたりという手法がとられていた。しかし、この方法では実機が完成するまで着手できず、そこからイラストレーターが何枚も手書きをするため、時間がかかりコストもかさむ。数千、数万点という部品を数百ページにわたって掲載するパーツカタログにおいても同様で、イラストドキュメントの作成が迅速な販売展開の妨げになってしまう。

 この課題を解決するのが設計データの活用だ。自社で3D設計を行っているなら、3Dモデルからイラストを自動生成することができ、早期に効率的なドキュメント作成が可能となる。

 本資料では、3Dモデルをイラストやパーツカタログなどのドキュメント作成に活用した事例を紹介。併せて、3Dデータの軽量化技術を使ったサービスドキュメント作成ソリューションを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。